鍋はすき焼きがすき

中身などない

Kosen14s読書会2nd

[2017/5/29] 記事を移動させました。

 

Kosen14′s読書会とは、高専生たちで集まって簡単な読書感想文を日ごとに書いていくイベントです。これだけだと説明不足だと思うので詳しくはKosen14’sサイトへ。

 

本のタイトルは

Adobe Creative Cloud ではじめる、一歩進んだクリエイティブワーク 

~CCでデザイン、イラスト、写真、映像、Web、DTPはどう変わる?~

です。

え?読書感想文じゃないって?そんなのしらないしらない。というわけで、解説本のレビューです。まあいいよね。ゆるして。

 

さて、とりあえず手に取ってみた感じは、とても薄い。Adobeの解説本と言えば、1つのソフトにとってみても機能が多くて詳しく細かく書いてあって、分厚ーいイメージなのですが、この本の厚みは1センチちょっとあるかなっていう程度。導入にはちょうどいいサイズ感ではないでしょうか。

実際、CCの導入を考えている人向けに作られているようです。それもあって、このソフトは本来こういう目的で作られて、こんな風に進化してきたんだぜ!っていうのと、こんなことができるんだぜ!というのがざっくり書いてある。一応CCのすべてのソフトについてどういうソフトでどんなことができるかっていうのが書いてあって、概論から始まり、イラスト/グラフィック、写真、映像、デザイン/DTP、Webなどに分類分けされ、わかりやすく構成されています。画像やイラストも多く使われていて見やすくなっています。

 

先ほど、「CCの導入を考えている人向け」と言いましたが、もっと具体的に言うと、世間知らずの中途半端な技術マンや、まったくデザインとかよくわかってないけどやってみたいなぁという人。例えば、僕みたいな世間知らずの中途半端な自称デザイン学んでますアピールマンがCCを導入しようとした時に、詳しい解説ややり方紹介を見て、チラシの作り方を知ったとする。でも、結局、illustraterって何をやるためのソフトなのよっていう、そのソフトが得意としているものがわからないと、なにかcreativeなことしようとした時に間違ったソフトを選択をしてしまったりだとか、最初から使う用途を見いだせなかったりだとか、そういったことになってしまう。つまりソフトの使い方だけでなく、ソフトの使い分け方、いわゆる業界の一種の文化みたいなものを知れる本と言っていい。

僕はAdobeに関してド素人ではあるが、無知なわけではなく、Photoshop elementsはいつも弄ってるし、illustraterもだいぶ前からある父親のおさがりを使っているので、ある程度は理解していたつもりだった。クリエイティブな活動としては、動画編集もAviUtlでちょくちょくやってるし、デザインの勉強も少しながらやってるし……

でも、正直やっぱり「Adobe CCのソフト、なんか英語が並んだアイコンがいっぱいあるし、なんのソフトか知らんやつめっちゃあるな……つかいこなせねぇ」という感じを持っていました。謎のソフトが並んでいると、とても手を付けられないなぁという印象を与えられてしまします。

でもこの本を読んだ後はこんな感じになります。↓

「このアイコンはAdobe Ideasかな。モバイル用で、アイデアのスケッチ用のアプリだね。ベクターデータだからillustraterにポイすれば編集できるし便利だね。」

基礎知識は固められたね。

 

あと、知らなかったシステムや知らなかったサービスも結構ありますね。

たとえば、アプリのクラウド化。

普通ソフトをインストールするときはインストーラーをDownloadして、そのインストーラーでソフトをインストールするのが一般的ですが、インストーラー自体がクラウドに保存されている状態。Adobe Creative Cloudといえど、インストーラーはダウンロードするもんだと思ってた。この感覚は古くなっていくんでしょうかね。あと、クラウドサービスってこんなに便利なんだ!っていうのが具体的に示されていて、ユーザーが実際に使用するシーンをコチラに想定させてくれるので、おおおべんりっすねぇ~てなりますね。

で、CCをもつことによって、最大5つのサイトをもつことができるんですね。これも初めて知りました。

 

やっぱり、即席で何か作ろうとすると、ソフトの使い方や扱う技術も必要ですが、そのソフトが古くからもつポテンシャルやある程度そのソフトで可能なことをわかっていると適切な使い分けができるので、意外とそのような知識を先につけていくというのも、円滑な創作への近道かもしれません。

Kosen14s LT ×Publicを開催した

f:id:chige12:20170505080505p:plain

簡単に言うと高専生と京都工学院生が集まってLT・交流会をしたって話です。

 

Kosen14sとは

僕はKosen14sっていう団体に所属しているんですけど、どういう団体かというと、2014年度入学の高専生(非高専生も可)の集まりです。
何をしてるのかと言うと、まぁ色々あるんですけど、基本的にはSlackで雑談しています。
要は雑談会です。

まぁその中でLTしたり、一緒になんか作ったり、お泊り会したり、イベントやったりしてます。だいたいは意識の高いメインのメンバーがやってる感じですね。

 

Kosen14s LT ×Publicとは

これはKosen14sでたまに開催されるLT会がありまして、いつも身内でゆる~くやってたんですが、「もっと外部とのつながりを持っていこうぜ」ってことになりました。

 

ことの発端

大元は確かこの発言ですね。

f:id:chige12:20170505083542p:plain

以前から、外部との交流やりたいよねって話があったので、たくさんあるSlackチャンネルの中に #external が追加されました。

まぁどういう形で交流するのかという話になってですね。今回はとりあえずLT会ってことになりました。

f:id:chige12:20170505083406p:plain

 

具体的に詰めていった

誰を呼ぶかということついてはまぁいろいろありまして、僕がMono-coto innovation 2016に参加したときや、ミラキョートっていう大学生団体のイベントに参加したときに京都工学院高校の生徒さんとちょっと繋がりがあったので、そこの子たちとやろうよ、ってことになりました。後はやましーが明石高専勢を呼んできたり、奈良高専のJoken(情報処理研究会)勢も巻き込みました。

実施場所についても、まぁ奈良高専でやろうということで古月君が動いてくれました。情報工学科棟でできるらしいやったね!古月君ありがとう!!

そしてお仲間を集めて専用Slackを立ち上げました。

f:id:chige12:20170505084239p:plain

 

実施の体裁

やるんだったら、ちゃんと名前つけたいなーという感じが個人的にあったので、今後の開催のことも考えて勝手に「Kosen×Kogakuin」って名前をつけていました。

今では「Kosen14s LT ×Public」って名前がついていますが、最初はそっちで計画していたんですよ。Kosen×なんとかってやれば色々応用効くしいいかな~というアイデアです。

ただ、主催が14sだし、Kosenを名乗るのもどうなの?ということと、学校公式のイベントじゃないのであまりふさわしくないかなーというイメージはあったんですよ。

それもあってか、古月君が「Kosen14s LT with externals」っていうタイトルのしおりを作ってくれました。

あーいいじゃんそれでいこうって思ったんですが…

f:id:chige12:20170505085907p:plain

ptr-yudai君がネイティブスピーカーに聞いてみたところ、outsidersも使わないらしい。

どうしゅる~~

↓↓↓

結果

f:id:chige12:20170505090144p:plain

優勝しました!!

 

 

開催(5/4)!

さて、5/4(木)、11:00からの開催だったのですが、9時少し前に学校に着いて古月君と準備を開始。今回はオンライン参加が二人いるので、カメラだったりマイクだったりをセッティング。あとはBGMを流して、オープニング用の動画をループ再生。これをつくるのもそこそこ大変だったなぁ

そして近鉄郡山駅まで京都工学院生をお迎えに。明石高専勢やらもきてオンライン勢とも接続完了。いよいよ開始!

 

みんなの発表の内容

まずは古月君がこの会が誕生した経緯を話してくれました。

その次がいらいざ。筋肉選択。ランダムで決めてません。いらいざごめん。

数の定義の話。プログラミングで数を表そう!

プログラミングができない僕にとっては難しい話だった…

 

 

そしてまた古月氏の発表。レベルの高い内容2連続で工学院生がおびえちゃってる。

 

そしてお昼ご飯をたべ、奈良高専巡りをしました。留年池が人気だったw

 

後半戦開始!

kyumina君の発表。ロシア語の話。スライドが赤かったw

 

ここでスペシャルゲスト登場。キュリオスクール株式会社の西山恵太さん!!

モノコトイノベーションの話だったりデザイン思考の話をしていただきました!

お忙しい中、本当にありがとうございました!!

 

 

続いてやましーの発表。ドイツ語の自然言語処理のはなし。

相変わらずデザインが良いやましー。そんなことができるのかーという、また技術習得の意識があがった。おもしろかった。

 

次はハラケンが電車に乗りながらスカイプ参加。Shake Hands のイベントの宣伝をしてくれました。良さみがあった。

 

同じく工学院から、shun氏。京都工学院高校の紹介。以前立命館だったところだから、施設はめっちゃいいよねあそこ。行ったことあるんですけど、広いしかっこいい。

 

つづいて師匠、ptr-yudaiの中国語の話。中国語いいなぁと思った!

 

だんだん紹介が雑になってるけど、次! オンラインからしんぷっと氏の発表。「自分だけの最強の乱数を作ろう!」って話。超数学だった。余りの世界へいざなってくれそう。

 

続いて僕だけど、僕の内容についてはあとで書きます。

で、やましーのフォントの話!またきれいなスライドを作りやがる。

 

最後!オンライン勢、しるびあによる「ロボコンの話」工学院生はとっつきやすい内容だったかな。おもしろいロボットたちが紹介されてよかった。

 

僕の発表は何をしたのか

今回は実は「色」をテーマに、動画プレゼンに挑戦したんです!

LTの資料作成大変だった~~。前日の夜まで頑張ってたんですが、う~ん物足りなさがあるな~~次のLTではパワーアップさせます……

でも得れたものも大きい。動画プレゼン割といいかも!

動画プレゼンはスライドを静止画じゃなくて動く動画でやろうというアイデアのプレゼン方法です。メリットとしてはアニメーションの幅が無限になるのと、3D的な構造を説明する際などによりわかりやすく、ビジュアルで見せることができる。イメージはNHKとかのCG解説映像の声をリアルタイムの発表者がしゃべる感じ。でも時間には縛られなくって発表者の好きなタイミングで映像の切り替えができます。

 

デメリットは、まず映像を作らなくちゃいけないところ。いきなりハードルが高い。まぁ僕はそれなりのものはつくれるようになってきたのでそれはクリアなんだけど、一番のデメリットはこれ。

 後からの編集がめんどくさい!!

映像を一度出力してしまったら、もうその映像は編集できなくなるんですよ。動画で表示されている文字をテキストエディタで開けるかというと無理ですよね?そういうことです。もし書き換えたかったら、動画制作ソフトの元の編集データを開いて、もう一度動画出力をしないといけない。処理が重たい動画とかだったら出力にも時間がかかるし超絶めんどくさい!

静止画でもいいところと、映像の方がわかりやすくなるところ、パワーポイントのアニメーションでも代用できるところ、というように使いどころに応じて使っていくのが賢い使い方かなと思います。

(映像がリアルタイムで計算出力されるようなやつだったら出力の手間がいらないんだけどな~~)

 

懇親会

時間が推していたので、30分くらいでおやつを食べる会になりました。レッツシェアポッキー!

たけのこ派・きのこ派の派閥があったり、やましーが買ってきてくれたミスタードーナツをみんなでモグモグしてました。

閉会後は希望者でミニ郡山観光。金魚の電話ボックスをみてお別れしました。

 

 

まとめ

なんとか終わった…って感じで、どっぷり疲れてしまった。でも進行とか、連絡とかいろいろ課題がありました。

 

発表順が適当だったこと

言い訳をすると順番を決める気力がなかったっていうのがあるんですが、ちゃんと「誰が発表するのか」「どの順番で発表するのか」をしっかり決めた方がよかった。ゆるいLT会ではあるけれど、しっかりするところはしっかりしていこう。

・労力分散

いいだしっぺが僕なので、自分で何でもしなきゃって感じだったんですが、一応kosen14s主催だし、僕がメインっていうわけでもないんですよ。それでクオリティが下がったりするのは嫌だし、もっと役割分担してもよかったかなぁと。

・連絡

JokenとかKosen14sの内部への連絡がおろそかで、この会自体があまり知られていなかったり、工学院生のほうでも僕の周りでしか連絡が行ってなかった部分があったので、そこを今後はなんとかしたい。

 

といった感じですね。

でもまぁよろこんで帰ってくれたみたいです。

なんとか成功した、とは言っていいかな…

また何か機会があればやりたいですね。

みなさんわざわざ奈良の地までありがとうございました!!!

 

CSS Talk vol.3に参加しました

4/22 (土) に TAMコワーキング 大阪大阪市北区末広町3-7)にて、CSS Talk vol.3に参加しました。参加費は500円です。 

www.tam-tam.co.jp

taminc.doorkeeper.jp

 

vol.1、vol.2、をすっぽかしての参加。田舎者なもので場所がちょっと遠いんだよなぁ…

TAMに来させていただいたのはこれで二度目で、前回は「もしゃもしゃ会」と呼ばれる、デザインが強そうなWebSiteを模写する会。その時は学校の帰りにそのまま来させてもらった感じなので、帰りがとても遅くなってしまって、親は寝てるわ歩いて50分かかるわで萎えちゃった記憶があります。(バスも何もないので)

今回はそんなことがないようにきっちり親を召喚しておきました。駅まで迎えに来てもらいます。

 

あと、リアルタイムでブログを書くスタイルなので、誤字や文脈、謎のメモなどがあるかもしれませんが、ご了承ください。

 

さて、CSS Talk ですが、CSSをテーマに話をする勉強会、です。

  • 「モダンなCSSの書き方を知りたい。」
  • 「こういう時はみんなどうしてる?」
  • 「いい方法がわかったので共有したい!」

 といったような感じで、今回はデザイナー・ディレクター向けの内容となっているそうです。そのセッション内容はこちら。

僕はデザイナーでもディレクターでもありませんが、楽しみですね。

登壇者様の発表を聞いたメモをこちらにとりました。(こういうのって公開してもいいのだろうか)

CSS Talk vol.3に参加したメモ - HackMD

 

 最初はCSS grid layout の話。最近実装(?)されてモダンブラウザがどんどん対応していったらしい。ただまたIEとEdgeが古い仕様のままなんだそうで…

使いやすそうだし今後に期待ですね!

 

そしてCSS設計の話。結構悩ましい問題であるCSS設計。

ちゃんと伝えないと破綻するし、コミュニケーションが大事だよってことだったんですが、まぁうまいこといかないよねということで…

SC5-styleguideとか、スタイルガイドっていうツールがあるらしい。

これとても便利そうだなと思ったので、バイト先の設計でさっそく導入してみたさがあるんだけど、何するものかというと、サイトのボタンとかなんとかのコンポーネント集一覧みたいなのがWebで作れる。

プレビューみたいなやつとHTMLとCSSコンポーネント別に書かれていて、説明とかをつけることで、だれでもポイントごとにどうなっているのかわかりやすくなる。

デザインにおける形の規約、ルールが作れるので、ルール内における変更に強くなるよ、っていうものだった。

CSS設計は必要ない場合の方が多いから、ガリガリ書いてもいいけど、大事な技術ではあるから、自分なりに頭の中である程度CSS設計を意識していると、何かの時に対応できるよ、とのことでした。

 

で、最後もCSS設計にかかわる話なんですが、CSS設計がうまくいかないのは、デザイナーとエンジニアの認識のずれが問題だという話。

その認識のずれをなくすために、デザインの意図やコンテキストを中心に考えた設計を行おうというEnduringCSS(ECSS)の考え方がいいんじゃないかと。デザイナーは、構造がどうだからとかという考え方より、ユーザーにどう印象を与えるかという所を考えてデザインしている。だから構造が変わっても、そのオブジェクトが持つ根本的な役割は変わらないというもの。それをコード名にすればいいんだよ。なるほど!!!頭いい!!!

もちろんデメリットもあるわけですが、デザインの目的がわかるエンジニアが本領を発揮する領域だなと感じたので、僕はとても可能性を感じています。

 

というわけで今回のCSS Talkの内容をまとめると、

CSS設計やるなら、コミュニケーションをちゃんと取れ!

そのためのツールや考え方はこんなのがあるよ!

というかんじでした。

 

とても参考になったし、勉強になったので、次回もまた参加したいと思います。

 

で、懇親会ですが、学生が1人だけっぽかったので、ビールが出てきたときは場違い感が半端なかったのですが、デザイナーやディレクターの方などと色んなお話ができて楽しかったです。ただ、僕の専門は電気工学なのでそこでも場違い感を発揮しまして、驚かれました。

また、「PHPのイベントがあるんやけど登壇して、君の専門の話してもええんやで?」って言われたりしましたが、さすがにPHPの勉強会で半導体素子の話をするのはかなりやばいと思いますよ。絶対しませんからね!

やましーやら14sやらの話題も出て、楽しい懇親会になりました。

 

色んなイベントに呼ばれそうな予感がしているので、頑張ってこ!(ぜひ呼んでやってください)

CSSフレンズに参加しました

大阪で開催されたイベントに参加してきました。
その名も「CSSフレンズ」
 
サイボウズ大阪オフィスで開催されたのですが、行くときは結構迷いました……早い電車乗ってよかった……
このCSSフレンズですが、目的はCSS初心者たちの友達作り。
なので講義より懇親会のほうが大事だとか。
で、CSS初心者向けなので、来年も再入門からやり直すとのこと。だからこのコミュニティはずっとレベル的には成長しないらしい。
初心者を早く卒業して別のコミュニティに乗り出していこう!
 
最初はサイボウズの方のお話
ワークスタイルが自由でいいなぁという印象でした。
あとオフィスがきれい!すっご~い!
 
 
続いてホンチャンの講義(発表)が始まりました。
 
知っている内容もありましたが、割と新しい人間なので、CSSの過去話だったり、Web制作あるあるだったり、聞いていて新鮮な内容も数多くありました。
 
すべてHTMLで書く時代があったのは知っていたけど、1行に100ファイルとか、そりゃあキツイわ~
あと、Emmet。Atomに入れてるけど、あまり活用できてなかったなぁという印象でした。
ケンカしないCSSの話も面白かったですね。ネストが深いのではなく、もっと設計しやすい書き方でというのが、かなり参考になりました。
 
 
 あと今回のイベント、僕は登壇者として前に立つことになったんですけれども(理由は以下に公開したスライドがあるので見てください。)、僕のPC(Windows君)がなぜかプロジェクターに接続されず、あたふたしてしまいまして、急きょ次の発表者の方に交代することに。
その方が発表されている間、Macbookをお借りしてスライドの確認を行っていたので、CSSのidとclassの使い分けのお話がちゃんと聞けなかったのが少し残念なところです。(正直一番聞きたかった…)
この節は、いろいろと申し訳ありませんでした……
 

 

 

趣味で映像制作をしているということもあって、アニメーションの話をしました。

「Webページも動的なものなのだから、映像の原則を適応できるんじゃないか」と考えて、以前読んだ「映像の原則」という本を参考に、自分なりの解釈を交えた話です。

 

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

映像の原則 改訂版 (キネマ旬報ムック)

 

 

これが意外と受けが良かったですね。

最後の交流会でも、いろんな方から「面白かったです」との声をいただきました。頑張って準備したかいがありました。

 

ただ、映像制作のイメージが強くなってしまって、「専門は電気工学なんです…」と言うと驚かれました。

あくまでも趣味としてやってることなので、プロとか言ってからかわないこと!いいね?

 

 

交流会はいろんな方とおしゃべりしてとても楽しかったです。時間はとても短かったですね。2時半開催で交流会を30分延長してほしいくらいです。

 

次回の「CSSフレンズ」は

「つらくならないCSS(仮)」

だそうですよ。もちろん参加予定です。(もしかしたらテスト期間とカブるかもしれない…)

cssfriends.connpass.com

 

もっと勉強しないといけないなぁ…

 

ブログ開設しました

Tumblrでもよかったんだけど、Tumblrはお絵かきとかの画像や動画コンテンツ専用にすることにした。
こっちではkosen14s読書会とか、主に文で中身のないことを書きます。
ポートフォリオは自作サイトに置いておくか(まだ作ってないけど)