鍋はすき焼きがすき

チゲ鍋が好きなわけじゃないんだからね

AviUtl-Tips_#01 水滴のような滑らかな曲線の表現

 

f:id:chige12:20171005233059j:plain

AviUtlで作る水滴のような表現の作り方について

 

 

作り方

四角形と円を登場させて、円は上から下へ落ちるアニメーションを設定する。

f:id:chige12:20171005231835j:plain

四角形に対しフレームバッファを用いて「波紋」効果を付与する。

「波紋」効果はちょうど水滴が落ちたときに広がって、しばらくすると振動が減衰するように高さを設定。

 

円が四角形のところまで落ちる前は高さ0からスタートする。円が四角形と接触したところで、そこから波紋が発生するように高さを設定している。円が沈んでいったあとは波が減衰していくのでまた0にもどしている。

速度の調節も重要。

 

f:id:chige12:20171005232038j:plain

上図、今回の場合はちょうどいい速さは418だった。

 

 

全体にぼかしをかける。

f:id:chige12:20171005232630j:plain

 

最後は力技で、シャープとコントラストを強くかけると、円と四角形がつながって、滑らかな曲線となる。

f:id:chige12:20171005232701j:plain

 

あとは、これらを全てシーンに移動し、Rootで呼び出す。

合成モードをスクリーン等に設定して完成。